記事一覧

甘酒作り

前回甘酒に触れた時は 酒粕の方のでしたが、今回は麹の甘酒。

正式には三通りの仕込み方があるそうです。
かた造り・・・米麹1・米1
うす造り・・・米麹2・米1
はや造り・・・米麹1・水1または2
はや造りは米を使っていないので、甘さ控えめになるらしい。
今度試してみようかな。

でも昔ながらの味のモノってのは、上記に関係なく各ご家庭で
「ウチはこの分量」ってのがあっただろうから、
割合はそんなに気にするコトないかな、と思います。
個人的には
麹  500g
餅米 二合
ちなみに米は三合イケるんじゃないかとか目論見中。
…ってコトは約500gだから「かた造り」ってコト?w
とりあえず現段階では二合までしか実践していません。

すっきりとした上品な甘さが好みなら うるち米、
これでもかと甘いのがいい時は餅米セレクトで。

①研いで一時間ほど水に浸した米を普通に炊く

一般的に「お粥で」と言いますが、お店で扱っているようなまったりとした
「甘酒の素」を作るなら、柔らかめに炊いたご飯で充分です。

②炊けたらよく蒸らしてから、釜を炊飯器から出して
 60℃まで冷ます。(指を差し込んでゆっくり3つ数えられる温度)

③パラパラにほぐしておいた米麹を混ぜ込む
 餅米ゴハンは にちゃにちゃするけど、負けずに混ぜる。

④お釜を炊飯器に戻したら、混ぜたことによって
 温度が下がっているので、一回目の保温開始。

●50℃を切ると麹菌は死なないけれど発酵には寒過ぎて、
 乳酸菌の方が優勢になり酸味が出てしまう
●60℃以上では麹菌が死滅して酵素が働かなくなり甘さが出ない

以上を踏まえると55℃を保つのがベストなようですが、
我が家の炊飯器(7mm圧釜IH)はふたを閉めると70℃を超えてしまうので
10分保温(混ぜながら)して一時間くらい放置…の
一時間サイクルくらいが良いみたい。
上手くいけば5〜6時間で甘すぎるくらいに仕上がります。

⑤スキマあり保温ONと フタ閉め保温OFFを何クールか繰り返し
 納得のいく甘さになったら、完成。

甘酒販売店のサイトで見かけたんだけど、ここで急速に冷やすと
糖度がアップするそうです。
なので、自分では更にもうひとつ工程プラス。

⑥大きなボールに水をはり、お釜を浸けて中身を混ぜながら冷やす
 2〜3回ボールの水を換えれば冷たくなってます。

塩麹をとショウガを隠し味に、2〜3倍に薄めてうまうま♡
甘酒は麹本体ではなく酵素を利用するため
完成したときには既に麹菌はほぼ死滅していますが、
酵素を生かして摂取するためにも、沸騰はさせないようにしています。
酵素は80℃までだったかな? 90℃? ←あやふやw
ただし火入れして酵素の働きを止めないと、発酵も止まらないので
常温放置すると酸っぱくなります。
使わない分は、一回分ずつ小分けして冷凍(すぐ使うなら冷蔵)保存。

自分は炊飯器で保温ONの時、温度を一定にするため混ぜるのですが
その時に粒を潰す感じで混ぜるとより良い感じ。

酒粕の甘酒の美味しい入れ方も、いずれ書き留めておこうかな。

作り直し…?

いやいや、久々過ぎて何が何やらという日記ですが。
とりあえず、現在はみんな元気です。元気が一番。
近頃なにやらツイ友の皆様がブログを頑張っておられる模様…
オイラもいい加減家族ページ作って、掲示板廃止して、、、
考えだけはあるんだけどさ( ᵅั ᴈ ᵅั;)〜♬
なかなか行動に移せませぬ。
てゆか、首輪とかチョーカーとかの写真もアップしとらんし。
日記なんてもー放置の極致 ꒰꒪д꒪|||꒱
とりあえず、ワンコチョーカーを何本か編みたいので、
それが終わったら手を入れようかな…( ̄∀ ̄;)
…と言ってるウチに放置されまくりの予感。

ピカール撃沈

アイコン

すっかり健康管理の覚え書きと化している日記です(|||-ω-)
今回は珍しくピカールさんが体調を崩しました。

経緯:
09/29〜 7月に発情がきた
     (予定より二ヶ月早かったので今回が正常な時期)
     前回とどちらが不正出血か判りかねるため経過に注意を始める

10/10 お腹も張らず 元気なまま出血も終わりそうなので(少量だった)
    ひと安心したトコロで、18:00頃 突然の水下痢。
    (それまでは快調に散歩等もこなして元気いっぱい)

その後なんとなく おとなしいなー…と思っていたけれど
22時頃になって 立つのもままならない状態に気付く。
 →腹部膨満感ナシ・熱は平熱(38.3)・腹筋がやや緊張気味
  足腰に力が入らない感じ。夕飯は敢えて与えず。

10/11
   01:00 自家製ポカリを与えてみると 40ccを一気飲み。
       ※ここまで一度も吐いていない

   02:00 キョロキョロするので食事を持って行こうとすると
       走る!吠える! ←一応後ろ足に脱力感は有り
       ビオフェルミンをかけたふやかしゴハン(通常量)を
       バクバクと完食(28g)。

   02:15 夕方より形のある便。→保存
                     ☝イマココ

ラップとホイルに包んであるとは言え、冷蔵庫の中に
ワンコのUNPが入っている一般家庭は珍しいであろう。

そんなコトは扨置き、生まれて初めてお腹をこわしたピカールさん
(赤ん坊の時には下剤が必要だったほど便秘症)
もしかして、初めての水下痢に 腰を抜かした…?だけだったらいいな。
ってなワケで、明日の朝の様子によっては病院です。

通常営業

アイコン

うむ。
顎の腫れも引いてきたし、嘔吐もナシ。
クリたん通常営業だに。
今まで大丈夫だった物に当たっていたら…と
フードも心配してたんだけど、それは無さそう。
9月4日の夕食は2/3量(60g)を粥状で完食。

オシッコの量が半端でナイのだけれど
(ワイドシーツで吸い切れない、大型犬が我慢して一気に出すくらいの量)
薬を飲んでいるうちは仕方ないのでしょう。
しかもこの量を一日に何度もっ(´;ω;`)
むしろ早く排出できて好都合、くらいに思わないとやってられん…
 
 
しかし関係ないコトでオジタンと喧嘩になってしまいウンザリ。
 
 
追記:
オジタンとはすぐ仲直りしたお。
…仲直りってゆか、お互い妥協?( ̄∀ ̄;)

クリたん蕁麻疹

アイコン

めっさ久しぶりの日記だというのに、覚え書きでござる。

9月3日 午前2時頃からクリたんの顔にもの凄い腫れ、
     痒みを伴っており蕁麻疹と判断、冷やしながら様子を見る。
     午前4時、嘔吐(呼吸には異常ナシ)
     午前5時頃痒みののピークは超えたようで就寝。
     10時頃残りを嘔吐(顔の腫れは引いた)
     正午頃、胃の中が空のため胃液のみ戻す。
★この日の午後診療で注射を打ってもらう。
 (飲み薬は吐いてしまう可能性があるため注射での対応)
 念のため飲み薬を三日続ける。
     夕食は吐き気が止まったかどうか確認するためだけに
     10gを粥状にして与える→吐かず◎
9月4日 下顎〜喉にかけて腫れが引かない(呼吸には異常ナシ)。
     食事再開
     弱った胃を考慮して40gを粥状にして与える。

     ☝今ここ。

そう言えば…

アイコン

クリたんが勝手口外の専用トイレを使っていた頃・・・
ミヤヲは脱走防止に抱っこされて 外を覗いておりました。
先日ウランちゃんとシュー君が 久々にトイレを使ったら、
ハウスに引きこもっていたクセに チェックしていたようで…
みなさんが帰った後、勝手口の前で鳴くわけです。
で、抱っこで勝手口から一歩出る。……鳴かない。
 
では今度は玄関に回って、抱っこで玄関から一歩出る。
→ 大泣き!(;´Д`)ノ  なんなのよー!わかりやす過ぎるー!

おきゃくさま!第二弾

アイコン

去る6月3日、またもやお友達が訪問してくださいました♪
ヒッキーな まめきゅーにとっては 嬉しい限り(*´ω`*)
しかも 我が家に訪問してくださった中では最大!の
ゴールデンのメンズも居て(* ̄m ̄) まめきゅーモッフモフです〜
 
ファイル 257-1.jpgまずは…
めっちゃ笑顔のシュー君。
クリたんが子犬のように
見える立派なゴルさん。
とっても優しい
ジェントルマンです♥

ファイル 257-2.jpgクリクリお目々のウランちゃん。
本当に素晴らしいパチ子ちゃん。
甘えん坊さんで
「なでで〜♡」とママさんに
熱い視線を送る様は
ケ・ロール顔負け!

ファイル 257-3.jpg最後は 先だって保護された
マルチーズの柚子ちゃん。
大きさも顔立ちも
マッシュとココを足して
二で割った感じ…
マル好きにはたまりまへん♥

みんな思ったより早く馴染んでくれて、アッと言う間にマッタリ(笑)
お母さんのyattiさんも 実際にお会いするのが初めてとは思えない程
話易い素敵な方で、子供の頃まめ母に「お姉ちゃんか妹生んで〜」と
オネダリをした経験のある「姉妹フェチ」まめきゅーは 大満足(* ̄m ̄)
 
ファイル 257-4.jpgそしてモチロン…
しぃちゃんは 通常営業(爆)
「たまに動きます」と言うより
「たまにしか動きません」状態。

ファイル 257-5.jpg初めて見る大型犬に
対面するなりパニックをおこした
ミヤヲさんは、またもや
引きこもっておりましたが…
 
一行が帰途につくと
早速シュー君の残り香を(笑)

みんな、良い体験になったね! お友達、また来てくれるといいね♬

ミヤヲ撃沈

アイコン

かねてからの懸案であった「ミヤヲお外体験」、実施してみました。
元々ネコは 縄張り意識が強いらしく、広範囲を体験させてしまうと
雨の日も風の日も 外へ付き合ってやらねばならぬ覚悟が必要と
なってしまうため、予定通り玄関前のみの体験…ですが。
 
ファイル 256-1.jpg脱走防止に胴輪とリードを装着、
この時点でもうビビリまくり(笑)
「おヘヤに かえるのニャ!」

抱っこで玄関を出ると、もう一生懸命しがみついて
「かえるのニャ!まめきゅ!はやく おウチに はいるのニャ!」
普段の三割り増し程もあるボリュームで泣きわめく(爆)
車で出かける時も ケージやクレートで固まっているミヤヲですので
まあ想像はしていましたが…予想以上のビビリっぷりに
カーチャン大笑い(≧ω≦)
 
以前脱走した時は夜だったので、また試すとしたら
ミヤヲの精神的負担を考えて(←じゃあ試すなよ!)
夜にチャレンジしたいと思っております。
まあ、脱走して帰ってきた時も 慌てて部屋に戻ろうと
網戸にボヨヨーーンとなっていたくらいですので(笑)
夜もビビリまくりなんだろうな…(* ̄m ̄)
気が向いたら再挑戦してみようと思います。
 
…でも実はね、脱走された時は まめきゅーは ウエンウエン
泣きながら 家の周りを探しまくりましたよ。
あの気持ちは もう経験したくないですわ…(´・ω・`)

コメント一覧
REIKI  Url 05/31 00:57 Edit

あははははw
ミヤヲくん災難でしたねーーーー

確かに、うちのきらりは立派にお散歩猫さんになってしまいまして、1キロぐらい平気で歩いてくれますね
(疲れたら私の肩の上に上がってくる)
散歩ーというと、ちりりお兄ちゃんと一緒にダッシュで玄関待機ですわ 

でも、雨の日とかは行かないよー
出窓で、雨ウォッチングなさるのもお好きなようです

病院へも喜んで歩いていくという変わった猫さんなのでした

けん茶太のはは  05/31 11:08 Edit

ネコんぽって優雅でステキ~って思ってたけど、
ミヤヲちゃんにとっては
「天地がひっくりかえる程の大事件」
だったんですね~。

必死に逃げる姿が可愛い過ぎる~。

ミヤヲちゃん、酔遊びじゃない夜遊びは程々にね。

まめきゅー  06/01 08:11 Edit

アイコン

♡コメントありがとうございまーす♡

>REIKIさん♪

引きこもり猫として立派に成長したミヤヲなので
予想はしていたのですが…面白かった!( ´艸`)
やっぱり きらちゃんみたいには いかないですねー。
1キロも歩くなんて、是非ともミヤヲに
きらちゃんの爪の垢を煎じて飲ませたいですわん(笑)

ミヤヲはアレですよ、超ビビリなんです。
病院の時もガクブルで 見せて差し上げたいくらいよ。

雨ウォッチング、ミヤヲも好きですよ〜(´∀`*)
窓辺にいると 独り言の多い奴です。
しかし きらちゃん。。。雨の日もワガママ言わない…
なんて聞いたら 猫んぽ ますますアコガレちゃうーー!!!


>けん茶太のははさん♪

いやぁ、ミヤヲには難しかったですね。猫んぽ…
もう 「ひどいのニャ!虐待なのニャ!訴えるのニャ!」
という勢いで(笑)、訴えられたら困るので
慌てて家の中に入りました(* ̄m ̄)

脱走された時は、もう大変な騒ぎでしたよー(´∀`;)
帰ってくるまでの数時間 大泣きで探しまくって…
ホント夜遊びは たいがいにして欲しいですわん!
一度やられて、帰ってくるコトが判明したけれど
またやられたら もう 心臓がもたない気がするわ(汗)

……酔遊びは してみたいなぁ…♥

ページ移動


© Mamekyu